肺臓学

WHOは約2.35億人が現在喘息を患い、全年齢の人々に影響を与えていると推定します。しかし、患者の約3分の1は子供です。喘息は気道の炎症と狭窄の慢性(長期)肺疾患です。喘息は息切れや喘鳴の再発性発作を特徴とする慢性疾患です。薬は喘息をコントロールすることができます。

当社の研究開発チームはpMDIまたは乾燥粉末吸入喘息薬を設計しました。 pMDIは加圧計量投与製品を加圧するために、標的肺領域へ活性薬剤成分の60%以上を放出することができます。乾燥粉末吸入製品は、肺への活性薬剤成分の90%の放出を達成できます。