心臓病学

過去30年にわたり、医学の進歩は、心血管疾患による死亡率の大幅な低下に寄与しています。しかし、心血管疾患は依然世界の死の最大数を占めており、年間1700万以上、全世界の死亡の30%を占めています。 WHOによると、2030年までに、主に心臓病や脳卒中などの心血管疾患による死者数は23.3万人に達する見込みです。中でも、私たちは高脂血症を含む代謝性疾患、の矯正に務めています。高脂血症は、血液中のいずれまたはすべての脂質および/またはリポタンパク質の異常に上昇を引き起こします。高脂血症は直接症状を引き起こさないが、心血管疾患の発症リスクを大きく増大させます。これらのリスクのため、治療はしばしば高脂血症患者に推奨されます。

私たちは血中のコレステロールとトリグリセリド(脂肪酸)を低下させることで患者を助けて対処するジェネリック解決法としてフェノフィブラート145 mg錠のナノ製剤を開発しました。血液中のこれらの脂肪の高水準は動脈硬化のリスク増加と関連しています。